FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわの風建設現場のトイレ

着実に進んでいる建設現場です。
その現場にあるトイレ。
3つ並んでいて、手前から2つは男性用の小便器専用。奥1つは大便用。
こう見えてもこのトイレ水洗式です。
水洗式とはいっても新幹線のトイレのようにスイッチ1つで流れるわけではなく、水を流すためのレバーがあり、それを動かすと水をポンプ式で送るようになっています。
では、大きな"なに"をすればそれだけ大量の水が必要か・・・、ということはありません。
CIMG4781_convert_20101130101434.jpg
現場監督がとにかくいつも綺麗にして下さっています。
匂いは気になりますが、なかなかのトイレです。


トイレの話の後に下の写真。"う○こ"が流れる汚水管?
いえいえ、これは井戸です。この地域は豪雪地帯。
冬の融雪用に井戸水が必要となります。
井戸水は地域により違いますが、年間を通して一定の温度。この辺りでは14℃~17℃ぐらい。
夏の暑いとき、気温が30℃もあれば、水は冷たく感じられ、冬の寒いときで気温が0℃なら水は温かく感じます。
実際雪はほぼ0℃ですから、井戸水の14℃を流せば溶けやすいという訳です。
ちなみに水道水は気温とともに上下します。水道水では溶けにくいのです。
当然、水道料金も払わなければなりませんので大変です。
CIMG4784_convert_20101130101528.jpg
ここの地名は「沢」です。さぞ多くの地下水があることを期待して、基礎工事の時にあの大きな重機で、ついでに、掘ってもらっていたのでした。
実際の井水工事は、施主であるゆたか会の工事部隊で行います。
施設が完成してからの工事ですが、はたしてちゃんと出るのでしょうか?
乞うご期待!

営繕
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。