スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土間が完成・鉄骨搬入

しばらく更新していませんでした。
年末からお正月の大雪以来、現場では常に雪が降っています。
そんな中、少しずつですが土間コンクリートまでが完成しました。
CIMG5113_convert_20110126114825.jpg

周りを見て頂くとわかるように、なんともいえない雪景色。
土間の部分には雪がありません。
実はこれ、すべて手作業で除雪したのですよ。
CIMG5114_convert_20110126114928.jpg

この土間ができる以前は、もっと大雪でした。
こんなに綺麗に平らな現場ではありません。
土間の下の基礎しかできていないとき、次々降ってくる雪の中、作業をしてくれる人は、クレーンを使って、この広範囲の現場の雪を、スコップ持って、来る日も来る日も雪除け作業でした。
CIMG5116_convert_20110126114952.jpg

この日の鉄骨搬入のために、周辺に膨大に積んであった雪山も、10tダンプを何回も往復してやっとなくなりました。ようやく、鉄骨を置く場所ができたのです。
CIMG5118_convert_20110126115137.jpg

もちろん、土間の上にも材料が置かれていますが、これぐらいはほんの一部。
まだまだこれから搬入されてきます。
CIMG5122_convert_20110126115201.jpg

それでも容赦なく、この日(1月25日)も雪が降っていました。
(写真を撮っていたときは雪が少なくなったチャンスで撮ったもの。降っているときは周囲が写らなかったかも・・・)
それでも鉄骨は順番に並べられていきます。鉄骨には番号が書かれています。図面を見ながら合わせるのでしょうが、素人にはさっぱりわかりません。
CIMG5124_convert_20110126115224.jpg

いろいろな形の鉄骨があります。
良く似ていますが、まったく同じではないということです。
CIMG5126_convert_20110126115246.jpg

この日の鉄骨は、隣の福井県の小浜市からやってきます。
小浜はもともと雪の少ない地域だそうです。しかし、今年は違う。特に小浜からこの高島市までは国道303号線を通ってやってきます。この303号線は山越えの道。山はさすがに集落付近とは違い、もっともっと大雪。
冬は「国道」ではなく「酷道?」なのです。
本日搬入予定の鉄骨も、雪の関係ですべて輸送できなくなってしまいました。
CIMG5127_convert_20110126115304.jpg
そんな状況でも、着々と鉄骨組み立ての準備をしてくれていました。感謝。感謝。

というわけで、私も高島市の今津の施設周辺の除雪に追われていました。
除雪に追われるということは、普段の業務にも追われています。
普段の業務に追われれば、当然余裕はない!ということで、なかなかアップできませんでした。

みなさん。余裕を持った生活をしましょう。

営繕


スポンサーサイト

平成23年 仕事始め


再び、あけまして おめでとう ございます。
平成23年の仕事始めの日です。
ご覧の通り、まだ年末年始の雪が解けていません。
CIMG5057_convert_20110105140504.jpg

朝早くから、現場監督が入り口の雪を、せっせとスコップで雪かきしてくれていました。
この日は現場監督の飯田さん・前川さん・高橋さんが、これからの工事再開に向けて準備をしてくれていました。
CIMG5058_convert_20110105140550.jpg

雪国に建設するのですから、このような雪はあたりまえ?なのですが、やはり工事中の雪はひときわ迷惑です。
まだ基礎が完全にできていないのに、屋根もできていないのに、雪だけはどうしようもありません。

これくらいの雪は例年必ず積もる量ですが、一度に積もることはやはり珍しい。
このようなところで施設が開所されるのです。
雪対策は、やはり一番の重要対策事項を再認識させられます。

営繕

あけまして おめでとう ございます。

新年 あけましておめでとうございます。

この写真は年末の写真。平成22年の締めくくりに大雪となりました。
CIMG5045_convert_20110101171721.jpg

現場の基礎も雪で隠れて見えません。
CIMG5040_convert_20110101171636.jpg

現場事務所もご覧の通り。
CIMG5039_convert_20110101171535.jpg

ストックヤードとして使用するこの小屋が、唯一一番手前で雪にはあまり隠れていませんでした。
CIMG5041_convert_20110101171654.jpg

年末年始の工事休止期間での大雪で、ちょうど良かったのか? 悪かったのか?
平成23年の工事再開までに、雪が解けてくれるでしょうか?
今回の大雪は、正月まで降り続きました。
お正月は現場に行けていないのですが、この写真よりさらに積もっていることでしょう・・・・

このまま、さらに積もれば工事はどうなるのでしょう?



さて、下の写真は平成23年の元旦の写真。
高島市の今津にある清風荘の食堂から外を写した風景です。
お正月は案外温かく?除雪した後なので、地面が見えていますが、何も触らなければ真っ白の世界でした。
CIMG5051_convert_20110101172004.jpg

下は清湖園の玄関。
施設の周辺には、井戸水を使った融雪が張り巡らされていますが、なかなかすべてを網羅できません。
清風荘・清湖園の工事部隊である我々としては、除雪も大切な仕事です。
タイヤーショベルが大活躍。
なんで福祉施設にタイヤーショベルやバックフォーがあるのだろうと思いますが、雪国ならではなのかもしれません。
CIMG5047_convert_20110101172022.jpg


ちなみに下の角松も、我々工事部隊で作成したもの、ほとんど近くの山などから拝借してきたものばかり。
(ちゃんと断わってから拝借していますよ。)
CIMG5049_convert_20110101172043.jpg


では、本年もよろしくお願いいたします。

皆様が、1年間、幸せで過ごせますように、お祈り申し上げます。

営繕
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。